アドセンスのクリック単価を上げる為に見直すべきポイント

せっかくアドセンス広告を

たくさんクリックされているのに

 

思ったよりも報酬が伸びていないな…

なんて感じた事はありませんか?

 

あなたのアドセンス広告、

もしかして人より低めなのかもしれませんね。

 

自分で決めることができない広告単価ではありますが

実は、ちょっと意識するだけでクリック単価はあげられるんですよ( *´艸`)

 

今日は、アドセンス広告のクリック単価を上げるためのコツをお話しします。

アドセンスのクリック単価の平均ってどれくらい?

アドセンスの広告単価は平均すると30円くらいと言われています。

 

あなたのブログの今月のクリック単価は

いくらになっていますか?

 

人によって、30円よりも極端に低い人もいれば

高い人もいるのが実際のところです。

 

私の9月のクリック単価を調べてみると…

これは、1日のクリック単価ですが

こんな感じで30円を下回る日もあれば

43円と上回る日もありますね~。

 

1カ月間を平均すると、

ちょーど平均の30円が私のブログのクリック単価という結果^^

 

 

どうせやるなら、10円のクリック単価よりも

30円のクリック単価のほうがいいですよね。3倍も違うし。

 

10円×100クリックで1000円なのに対して

30円×100クリックで3000円ですもん。

 

そりゃ誰でも単価アップを図りたいってものです(;´∀`)

 

ちなみに、私のブログは季節の話題や

日常生活の話題が多いのですが、

 

芸能系のトレンドやニュース、

ドラマなどをネタにしているブログの平均クリック単価は

18円から25円と低めと言われています。

 

 

クリック単価ってどうやってきまってるの?

アドセンスはタグを貼りつけておくだけで

勝手に広告が表示されてクリックされれば収入なりますよね。

 

そう、勝手に広告が表示されるから

私たち自身で「単価の高い広告を選んで載せる」ことができないんです。

 

じゃぁ、クリック単価や広告単価ってどうやって決まってるの?

という話になるわけですが、グーグルのヘルプにはこんな風に書いてあります。

 

クリック単価はマーケットの影響を受け、キーワードに入札する広告主や広告主が支払ってもよいと考える金額など、さまざまな要因によって決まります。マーケティング担当者が予算を振り分ける各四半期の前半には、クリック単価が低下する可能性があります。

広告主の入札単価は季節的な影響を受ける場合があります。たとえば、小売業の広告主は、1 年のうちで売り上げが伸びる傾向にある時期に入札単価を引き上げることがあります。また、各四半期の前半には、クリック単価が低下する可能性があります。

AdSenseヘルプより

 

 

そもそも私たちアドセンサーに収入が入る仕組みとして

広告主がいて、グーグルがいて、はじめて成り立ちますよね。

 

Googleは広告主から広告費を貰っているので

単純に考えて広告主が広告費をたくさん払っている場合は

クリック単価が高くなりますよね。

 

逆に広告費が少ないものは

クリック単価が低くなるわけです。

 

で、この広告主が払う広告費というのは

入札形式で決まるので、需要のあるジャンルやライバルが多い場合なんかは

広告費が高くなるという感じなんですね。

 

たとえば、A社が「ニキビ」のキーワードで広告を表示させたくて

1クリック60円出します!と決めたとしますよね。

 

B社も「ニキビ」のキーワードで広告表示させたいと思っている場合、

B社はA社の単価より高い61円以上で設定しないと

広告が表示されないという仕組みが入札のシステムになります。

 

ということは、広告主が表示させたいと思っているキーワードを

扱ったブログの方がアドセンスのクリック単価は高くなるということ。

 

他にも、季節的な要因もあるとヘルプにも記載がありますね。

 

たとえば、企業の決算の時期が近づくと広告単価が高くなったり

年末も広告単価が高くなったりします。

 

あとは、冬場になると乾燥肌系のスキンケア用品を扱う広告主が

その時期だけ一時的に広告費を高く準備したりなどなど(^^)

 

ウメコ
簡単にいうと、色んな要素が混ざっていて複雑ってことだね(笑)

 

クリック単価を上げる簡単な方法とは

ウメコ
広告費はわたしたちが決めるものではないんだけど

クリック単価がどう決まっているかを知ることで

パッ!とひらめいてくるもの、ありませんか( *´艸`)。

 

高単価ジャンルを責める

まず、第一に出来そうなのは広告主が競合する案件を

狙って記事を書くことですよね( *´艸`)

 

クリック単価が高いジャンルの記事を書けば

表示される広告がクリック単価の高いジャンルの広告になります。

 

どんなジャンルの広告単価が高いのかというと

美容・引っ越し・投資・転職・金融とかですね。

 

脱毛とか、エステとかダイエットとか

クレジットカード、キャッシング、株、仮想マネーとか

そんな系がクリック単価の高いジャンルになります。

 

こういったジャンルは、広告主の競合性が高いので

1クリック100円とか1000円になるのもザラなんですよ。

 

ウメコ
でも、欠点もあるんだよ

 

クリック単価が高いのはいいんだけど、広告主が競合しているだけでなく

アフィリエイターの競合性も高いジャンルになります。

 

そりゃそうですよね(;´∀`)

 

よっぽど得意なジャンルだったり詳しいジャンルでない限り

初心者さんがライバルを出し抜いてこのジャンルで稼ぐのは厳しいものがあります。

 

 

特化ブログにする

ジャンルを絞って記事を書く特化ブログを作るのも

クリック単価アップに効果的になります。

 

特化型にすることで、グーグルだけでなくブログを見に来てくれる

訪問者さんがみても、何が書かれているブログなのか一発で分かりますよね。

 

私は今、ごちゃまぜブログを特化ブログの両方もっていますが

クリック単価は結構違っています。

 

さっき紹介したクリック単価30円というのは

ごちゃまぜブログのクリック単価ですが

 

特化ブログのクリック単価はというと…

 

ごちゃまぜブログの1日のクリック単価と比べると

10円近く違っていますよね?

 

1か月間の平均クリック単価については

 

 

ごちゃまぜブログの1か月の平均クリック単価が30円だったのに対して

わたしの特化ブログの1か月のクリック単価は50円と…

20円も違ってくるんですよ( *´艸`)

 

 

ターゲットをしぼる

記事を書くときに、誰に向けて書く記事なのかを意識して書く

クリック単価をあげることに繋がることがあります。

 

たとえば、お洋服が大好きで

ファッションサイトをよく見ているAさんと

 

将来のお金が心配で投資について

調べているBさんがいたとしたらどうでしょうか。

 

アドセンスの広告って、記事の内容だけでなく

検索ユーザーが過去に見ていたサイトの履歴なども踏まえて

表示される広告が決まりますよね。

 

同じ記事をみても、見る人によって

表示される広告が違ってくること。

 

だからこの場合、Aさんにはファッション関係の広告が表示されて

Bさんには投資関係の広告が表示されるわけです。

 

となると、クリック単価が高いのはBさんに表示される広告ですよね。

 

他にも、子ども向けの記事の場合は子どもが広告に興味を持っても、

そこから購入に至ることが少ないことからクリック単価は安くなっていたり

 

子育て中で悩みの尽きない主婦、

比較的なんでも通販で買っちゃう主婦なんかがターゲットになる記事は

単価がやや高めになる傾向がありますね( *´艸`)

 

ウメコ
個人的に30代から40代の主婦層を狙った記事がおすすめ♪

めちゃくちゃ自分だから記事もすらすらかけますよ~

 

気軽にメールを送ってくださいね

ウメコ
ウメコはブログ読者さんとの
コミュニケーションを大切にしています。

わからないことや疑問に思ったこと、こんな事が知りたい!などなど
聞きたいことがあればいつでもメールしてくださいね。

ブログの感想や世間話でも喜びます♪
メールはこちらから

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

管理人のウメコです。

はじめまして、ウメコと申します。

事務員として働きながら、3人の子供を育てているアラサー主婦です。家事・育児・仕事のすき間時間を使って、ブログを書いてアドセンスで自分のお小遣いを稼いでいます。

⇒詳しいプロフィールはこちら

ランキング参加中です。
応援クリックお願いします。
↓↓↓↓

 

今日もありがとうございます。
励みになります(。-人-。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクセスが多い人気記事はこちら
カテゴリー
メール相談も受付中です

↑画像をクリック↑
なんでもお気軽にどうぞ♪

 新着情報はこちら
最近のコメント

ページの先頭へ